ちょっと遅くなってしまいましたが……。

脚本を書かせて頂きましたオリジナルミュージカル「ショパンと過ごした8日間」。
先日、無事に千秋楽を迎えることができました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

今回はいろいろと嬉しいことがいっぱいありました。
全公演満員御礼という喜びはもちろん、打ち上げではキャストさんからサプライズでメッセージ帳を頂いたり!
泣くのはずっと我慢していたんですが、そのせいか家に帰った途端に何だかいろいろなものが爆発して泣き出す始末でした。
ついでに母親をもらい泣きさせました(ごめんね)。

翌日、作業机の整理をしました。
ショパン書き直し台本の束も裏紙行きです。

嬉しいこともいっぱいあったけど、反省点はそれ以上にあります。

何度も書き直したことは、脚本家としては当然の仕事ながら、決して良いことではないと思います。初稿のレベルをもっとあげることができれば、その後の稿はさらにレベルアップできるはず。

もっともっと勉強して精進して、キャストさんやスタッフさんに思い切り楽しく気持ち良く使っていただけるような脚本を書きたいし、いろいろな人のさまざまな想いを届けられる物語を紡げるようになりたいし、もちろん私自身の気持ちを伝えられるようにもなりたい。

そんな気持ちが強く芽生えた夏になりました。
皆さま、本当にありがとうございました!!

そして誰かに言ったような気がして実は言ってなかったような気がする、設定秘話的なお話。

「ショパンと過ごした8日間」の舞台の1つでもある天門高校の「天門」。
これには2つの意味があります。

1つは、ブイラボの正式名称である「ヴァイシュラバーナ」は「毘沙門天」という意味なので、そこからとっての「天門」。

そしてもう1つ。
「天」という文字には、「頭のはるか上をおおって無限に広がる空間」という意味があります。
無限の空間はどんな可能性も秘めている。
そこへ向かって門をくぐり歩いて行く。
そんな思いを込めての「天門」。

こういう遊び心ができるのは、脚本家の特権ですね( ´艸`)

やっぱり葵は書くのが好きなのです。なのでこれからも頑張りますヽ(*´∀`)ノ
皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします!!

IMG_4417.jpg


スポンサーサイト
2016.09.08 Thu l 舞台 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hinakoaoi.blog.fc2.com/tb.php/29-652f108e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)